【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

辛いうつ症状は抗うつ剤よりハーブ系のサプリ「メンタルン」がおすすめ

仕事や家庭のことで様々なストレスにさらされている私たち女性は、ちょっとしたきっかけでうつ症状が出てしまうことがあります。

私の知人には、仕事で繁忙期が続いた時に「突発性難聴」になってしまった人が1人、夜眠れない睡眠障害が出てしまった人が2人。
そして、実はとても残念なことに、うつ症状の発作的な衝動から自ら命を絶ってしまった友人も1人いるのです。(この知らせを聞いたときはあまりにショックで、知らせてくれた友人に何と返事をしたのか覚えていないくらいです・・・)

 

この知人たちは、42~43歳の人たちなので更年期症状の影響とは考えにくいのですが、女性はホルモンバランスの乱れもよく起こるので、そこからくる自律神経の不調も関係していたのかも知れませんね。

 

いずれにしても、みんな普段から落ち込みやすいとか、悲観的な考え方の人というわけではありません。
ちょっとしたきっかけでストレスをためてしまい、SOSのサインとして体の不調になって表れたのでしょう。

それくらいストレスは誰にもたまりやすいということなんですね。。。

 

だから、いつもと違う違和感を感じたら、それを心のSOSだと認識して、我慢をせずに対策をとって頂きたいと思います。

 

《心のSOSサイン》

  • 何だか気持ちが落ち着かない
  • なかなか寝付けなかったり、夜中に目が覚めてしまう
  • 気持ちの浮き沈みが激しくなっている
  • 人と会うのが辛く引きこもっていたい
  • 心配事や不安な気持ちがどんどんわいてくる
  • 自分でどうしたらいいかわからないくらい気持ちが乱れる

 

辛いときは心のサプリを活用するのもアリ!

では、心が辛くなってしまったとき、どのような対策をとったらよいのでしょうか?

 

一般的には、心療内科やメンタルクリニックを訪れ、医師に相談することといわれています。

しかし、そうするとどうしても抗うつ剤を処方されることが多く、それをきっかけに薬の服用が始まってしまうかも知れないのです(>_<)

確かに、症状によっては抗うつ剤が必要な場合もあるでしょう。
でも、薬には副作用というものがつきもののため、できるだけ薬の服用は避けたいところなのです。

 

《抗うつ剤の副作用》
○飲み始めの時期・・・不安、焦燥感、衝動性など
○服用中・・・悪心嘔吐、食欲減退、便秘、下痢、口渇、頭痛、めまいなど
○減薬期・・・めまい、発汗、震え、不眠など

 

 

そこでおすすめしたいのが、心のサプリ「メンタルン」です。

この「メンタルン」は、12種類の厳選したハーブや野草、植物、アミノ酸、ビタミンといった優良成分を配合したサプリ=健康食品。

抗うつ剤にみられるような副作用は心配しなくていいというメリットがあるのです。

 

《「メンタルン」の主な配合成分》

  • バレリアン=不安をやわらげ気持ちを穏やかにし、心地よい休息を促し精神を安定させるハーブ
  • ラフマ=セロトニンを変化させストレスなどの気持ちを和らげ働きかけるハーブ
  • ギャバ=アミノ酸の一種で、不安を和らげる成分
  • L-テアニン=疲れているのに寝つけない睡眠を質の良い休息へと促す成分

 

しかも、安心安全な日本国内の工場で製造されたサプリです。
怪しげな海外サプリでないという点もおすすめポイントなのです(#^.^#)

だから、化学成分の薬を服用したときのような副作用を心配する必要がありませんし、常用化して手放せなくなるようなものでもありません。

ただただぐっすりとした眠りを誘い、辛い症状を和らげる手助けをしてくれるのです(#^.^#)

 

その分、即効性は期待できませんが、飲み続けているうちに「気づいたらずいぶん楽になっている」と、徐々に効果が実感できるサプリです。

 

起立性調整障害など精神的に病んでいる方にも効果的ですので、ぜひ辛い症状を抱えている方にはお試しいただきたいと思います。

 

心の問題は、どうぞ無理して我慢されませんように・・・

 

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ