【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

毛穴の引き締めに「ウィッチヘーゼル」?

外の日差しが明るくなると目立ってしまうものは、シミだけではなく、毛穴の黒ずみや開きもです(^^;)

特に私たちのような40代は、毛穴は重力に逆らえずに楕円形に開いてしまうことが多いですよね。。。

 

でもこれって、「年齢だから仕方がない」で諦めていると、単に化粧ノリが悪いだけでなく、化粧崩れがひどいので、夕方になると肌がヨレ多様な印象を放ち、明らかな「疲れ顔」「老け顔」になってしまうんです(>_<)

 

そして、もうスッピンは人に見せられないような肌になってしまう・・・

 

そんなの嫌じゃないですか( `ー´)ノ
なので、これからの汗と皮脂が気になる季節には、毛穴の引き締めもちょっとずつ行なっていきたいのです!

顔のシミを気にする女性

 

そこで登場するのが「ウィッチヘーゼル」という成分。
あまり日本ではまだ話題にならない成分ですが、アメリカでは盛んに用いられていますし、日本においてもたくさん輸入化粧品が入っていますので、脂性肌の方はよくご存じかも知れませんね(*^-^*)

 

ウィッチヘーゼルとは

ウィッチヘーゼルとは、アメリカ東部とカナダを原産とするマンサク科の落葉低木で、西洋ハーブとして葉の部分が、アメリカ先住民によって、切り傷や湿疹、創傷や虫刺され、皮膚の炎症等の治療に利用されていたそうです。

 

現在は、ウィッチヘーゼルの小枝を蒸留して作ったウィッチヘーゼルウォーターが肌に高い収斂作用をもたらすとして、盛んに市販されているようですね。

 

アメリカ以外でも、ドイツでは下痢や、歯肉炎・口内炎などの口腔粘膜の炎症、静脈瘤、止血などの目的で、またフランスではひげそり後のスキンケアや止血に、また日焼けのアフターローションや眼のかゆみ、口腔内の衛生等の目的で使われているそうですよ(*^-^*)

 

そして日本では・・・・というと、ウィッチヘーゼルの高い収斂作用が注目され、皮脂の分泌が抑制され、皮膚のべたつきが抑えられニキビにも有効とされています

 

脂性肌で肌のベタつきが気になる人、毛穴の開きが気になる人は、ウィッチヘーゼルの化粧水、クリーム、ローション等を使われていますね。

 

 

毛穴ケア化粧品のおすすめ

しかし、収斂化粧水を使用するには、肌の乾燥に気をつけなければならず、インナードライ肌といわれる年齢肌には不向きな場合があるのです。

 

インナードライ肌というのは、表面上は脂浮きが気になるのですが、肌の内部は乾燥し、その乾燥が原因で様々な肌トラブルを引き起こしてしまう肌です。

 

そうなってはスキンケアが悪循環に陥ってしまう危険性があるので、肌の乾燥にはくれぐれも気をつけるようにしたいですね(*^-^*)

 

その際におすすめの化粧品が「アルケミー」です。

アルケミー①

 

この「アルケミー」は、毛穴の引き締め効果は十分期待できますが、植物由来の酵母発酵エキスが配合されていることによって保湿力に優れ、肌の乱れた水分と油分のバランスを整えてくれる化粧水です。

 

インナードライ肌の人が使っても潤いが保持できる化粧品として評判のようですね(*^-^*)

 

この「アルケミー」はシリーズ化粧品として、1週間分のトライアルセットが1,500円で販売されています。

シリーズの全商品が試せるチャンスですので、ぜひ体験してみて下さいね♪

>>>トライアルセット申込はこちらから



Sponsored Link

2 Responses to “毛穴の引き締めに「ウィッチヘーゼル」?”

  1. hiro より:

    こんばんは、hiroです。
    ブログランキングからきました。

    毛穴が気になっているので、
    「 ウィッチヘーゼル 」に興味があり、
    訪問させて頂きました。

    美容だけでなく、
    薬としても使われているなんて、
    ますます「 ウィッチヘーゼル 」に
    興味が湧きました^^

    応援ポチして帰ります。

    • kirarabiyou40s より:

      hiroさん、お越しくださってありがとうございます♡
      しかも、応援コメントとポチ・・・とてもうれしいです!
      どうぞまたいらしてくださいね(#^.^#)
      ほんとうにありがとうございました

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ