【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

コーヒーは肌にイイの?悪いの?

よく耳にする問題のわりに頭に入っていないことが・・・
それは「コーヒー肌や身体にイイの?悪いの?」という問題。

 

コーヒーにはポリフェノールが入っているから、肌にイイんだよ・・・そう聞いたことがあるのですが、本当なのでしょうか?

 

SW083_L

 

コーヒーに含まれるポリフェノールとは?

確かに、コーヒーにはポリフェノールが含まれています。
それは「クロロゲン酸」というもの。

 

ポリフェノールといえば、「赤ワイン」というイメージが強いですが、こうしてコーヒーにだって含まれていますし、チョコレートにも含まれているのです。

 

だから、コーヒーを摂取することは、全然悪いことではありません。
抗酸化作用の強いポリフェノールが含まれているのですから、コーヒーには活性酸素を除去する効果があるといわれているのです。

 

そして、クロロゲン酸には抗酸化作用の他に、抗ガン作用、血圧降下作用、抗アレルギー作用、様々な効果があるといわれています。
肌に良いだけでなく、身体に良い面もコーヒーには確実にあるということですね(*^-^*)

 

コーヒーに含まれるカフェインの作用

そして、忘れてはいけないのが「カフェイン」。
カフェインに対する効果も賛否が分かれるところですので、確認しておきましょう。

 

<カフェインのもたらす効果>

  • 覚醒作用
  • 利尿作用
  • 脳細動脈収縮作用
  • 脂肪燃焼作用
  • 鉄分吸収阻害作用

 

これらの効果には、ダイエット効果といわれる脂肪燃焼作用もありますが、副作用として身体に悪影響をもたらすものがほとんどなのです(>_<)

 

k3194

 

例えば、覚せい作用は不眠症の原因になる場合がありますし、利尿作用は過ぎると体に冷えをもたらしてしまいます。

そして、血管収縮作用は血圧の上昇を招き、鉄分吸収阻害作用は、女性に多い貧血の原因となってしまうわけですね。。。

 

コーヒーって苦手な人も中にはいらっしゃるけれど、好きな人はとことん好きじゃないですか(#^.^#)
これってほとんど中毒ですよね。。。

 

中毒症状のように1日10杯も・・・ということになると、上記のような悪影響が発動してしまいますので、1日2~3杯にとどめるようにしたいですね。
そうすれば、ポリフェノールの影響やコーヒーを飲んだことによる効果が身体に良い影響として効果をもたらします♪

 

どうしてもコーヒーをたくさん飲みたい!という人は、カフェインレスのものを数回あいだに挟みながら本格的なコーヒーを楽しまれてはいかがでしょうか(#^.^#)

 

>>>ノンカフェインのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ