【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

なかなか治らない大人ニキビは糖尿病のせい!?

肌に起こってくる様々な問題は、単なる肌表面の場合というのは少なく、内蔵のどこかに問題を抱えているという場合が多いようです。
これは、若いときよりも年齢を重ねるほど傾向として高くなり、30代も後半を過ぎるとインナーケアの重要性がグンと増しますね(^^;)

 

こういったことは、大人になってから悩まされるニキビ(俗にいう「大人ニキビ」)にも言えることで、結構多くの人が30代・40代になってもニキビに悩まされていたりするんですよね。。。

 

もちろん、大人ニキビの原因は、いくつかの原因が複雑に絡み合っており、次のようなことが挙げられています。

  • 加齢による肌の乾燥(インナードライ肌)・ターンオーバーの乱れ
  • 間違ったスキンケアによる肌の乾燥・ターンオーバーの乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 食事や睡眠時間といった生活習慣の乱れ

 

要は、よく勘違いされる「脂性肌の人にニキビができる」という固定観念によって、間違ったスキンケアをしてしまい、更なるニキビの悪化を招いてしまっていることもあるようなのです。

 

美容 イメージ

 

大人ニキビの場合は、乾燥が特に大敵!
それを招くようなインナーバランスも同時に改めなければ、ニキビは改善されないですよね”(-“”-)”

 

※大人ニキビに関する詳細については、参考サイト大人ニキビを治す方法をご参照いただきたいなと思います。

 

 

つまり、上記に挙げたような原因の一つ一つが大きな問題なので、ニキビ治療にはこれらをつぶしていかなければいけないのですが。。。

 

でもそれ以外に、なかなか治らない難治性にニキビは、糖尿病が原因となっているかもしれない・・・といわれているのです( ゚Д゚)!
これはどういうことなのでしょうか?

 



 

難治性の二ニキビの原因は糖尿病?

これは皮膚科医も指摘している点なのですが、皮膚疾患と糖尿病には深い相関関係があるということなのです。

 

それは調査結果からも明らかになっているようで、なかなか治らないニキビに悩んでいる人の血液検査をすると、インスリンの機能低下がみられたとのことです。

 

糖尿病といえば、インスリンの低下によって血液が高血糖になることで、脳梗塞や末端細胞の壊死、失明といった合併症が怖い成人病ですよね。
また、糖尿病患者は傷が治りにくいという問題も抱えてしまう厄介な病です。

 

糖尿病になると感染症にかかりやすく、治りにくいわけですから、皮膚疾患をまず羅うようになっても全然不思議ではないんですね(>_<)

 

つまり、ニキビが治りにくい人が糖尿病にかかりやすい・・・というよりは、糖尿病の人はニキビになりやすく、同時にニキビが治りにくい・・・といった感じ。

 

もしも「私のニキビ、何をしても治らないな」とお悩みの場合は、ぜひ一度血液検査をされることをお勧めしたいと思います。

 

>>>自宅で簡単!糖尿病検査

 

そして万が一、血糖値が高めであることがわかったら、即、対策を!!
病院にかかるのがちょっと・・・としり込みされる場合は、最初はサプリメントでもOKなので、ぜひ血糖値対策を行なっていただきたいと思います( `ー´)ノ

 

>>>高めの糖が気になる方に【サラシアプラス】

 

血糖値は成人病ではありますが、体質と生活習慣によっては、若くてもでもかかる病気です。

ぜひ、ご自分の体と向き合って気を配るようにしてくださいね(#^.^#)

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ