【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

ファンケルのアクティブセラミドによる化粧液がイイ!

暖かくなり乾燥の季節は終わろうとしていますが、もともと乾燥肌質の人や加齢による乾燥を抱えている肌の人にとっては、保湿ケアに終わりはありませんよね”(-“”-)”

 

乾燥肌である私も油断せずに今後の保湿もきちんと行っていきたいと思ってます( `ー´)ノ

 

そんな中、また「何かいいものが出ていないか」いろいろリサーチをしていますが、ファンケルから発売された「アクティブコンディショニングEX」がいいですね( ̄▽ ̄)



面白いのは、ファンケルのこのシリーズでは「化粧水」と呼ばない点です。
ローションは「化粧液」と。

 

なぜそう呼ぶのかは、実際に使ってみるとよくわかるんですよ♪

 

洗顔後につける化粧水はさらっとしているものが多いのですが、ファンケルの化粧液はトロッとしています。
まさに「水」ではなく「液」。

 

似たようなのが無印良品のエイジング化粧品にありましたね。
やはりそれも「化粧液」というネーミングだったと思います。

 

ただその無印良品の時は、つけた直後の感触がちょっとネチャッとしていて、それが気になってリピートしませんでした(^^;)
でもこのファンケルの化粧液はトロッとしているけれど、ベタベタもネチャネチャもしてないですね(^^♪
そこがイイです!

 

P1010636

 

そして成分に目を向けてみると、ポイントとなる成分がアクティブセラミドというもの
これはファンケル独自のネーミングのようですが、要は「セラミド」に着目した化粧液なのです。

 

なぜセラミドがいいのか?
その理由は2つあります。

 

  • セラミド自身の水分保持力が抜群に高い
  • 角質層の潤いに関して自活力がつけられる

 

セラミド自身の水分保持力が抜群に高い

保湿成分と呼ばれる成分はどれもそもそもは水分保持力の高いものです。
が、そこには3つのタイプがあって、保湿力の高い順に並べると、

  1. 水分を自らの層に挟み込むタイプ
  2. 水分を自らが抱え込むタイプ
  3. 水分を自らに吸着させるタイプ

 

違いがお分かりでしょうか?
自らに水分を吸着させるタイプも自らが水分を抱え込むタイプも、自身が持つという意味においては、持てる水分量に限界があります。

 

しかし、自らの層に水分を挟み込むタイプは、より多くの水分を周囲と連携して保持することができます。
これがセラミドなんですね。

 

水分を抱え込むタイプのヒアルロン酸も水分保持力は高いのですが、セラミドはその上・・・ということになります( `ー´)ノ

 

角質層の潤いに関して自活力がつけられる

肌は水分や栄養を与えられると元気になります。

しかし、もっといいのは、与えられなくても自らの肌力で潤いを作り出す力を持つこと。
その働きかけができる成分がセラミドなんですね。

 

角質層が整えられれば肌はみずみずしく美しくなります。
これを単に角質層を整えるだけでなく、美しい角質層をはぐくむ力をサポートしてあげられれば、肌自身が強い力を身に着けることになりますね♪

 

そういった成分が、このファンケルの「アクティブコンディショニングEX」には含まれているのです(*^^)v

 

しかも今はお試しキャンペーンということで、化粧液と乳液(それぞれ約1か月分)にクレンジングオイルや洗顔パウダー(10回分)、泡立てスポンジがついたお得セットが、初回半額の1,800円で販売されています。

 

そしてなんと、これには化粧ポーチもついているのです( ゚Д゚)!

 

P1010634

 

写真のこれ全部で1,800円です!
1カ月分強の基礎化粧品がこの価格で・・・というのは、キャンペーンならではですよね(^^♪

 

しかも質の良い化粧液が使える!
ぜひこの機会に、この無添加アクティブコンディショニング EX ハリ肌1ヵ月実感キット 試してみてください(^^♪

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ