【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

美肌に・美髪に・美爪に不可欠なケイ素とは?

最近「若返りの水」として注目されている珪素水(シリカ水ともいわれます)。
その珪素水に含まれているのが「ケイ素(珪素)」という物質です。
サプリメントやシリカ水として盛んにエイジングケアに用いられているものですよね(*^-^*)

 

この珪素とは、どういう物質なのでしょうか?
そして、なぜエイジングケアに用いられているのでしょうか?

k3194

 

ケイ素(珪素)とは?

ケイ素とは、ケイ酸塩として私たちの皮膚や骨、毛髪、爪、、歯、血管、細胞壁など様々な部位に含まれている必須ミネラルの一つであり、美しい肌や美しい髪、ネイルで見栄えのする美しい爪を維持するためには欠かせない成分です。

 

体内で生成することができないミネラルのため、生まれた時点をピークとして加齢とともに体内量が減少し、補わなければどんどん不足してしまうものなのです(>_<)

 

ケイ素の効果

珪素が体内でもたらす効果についてまとめてみましょう。

 

1.コラーゲンを結合し弾力性を維持する
コラーゲンは皮膚においてだけではなく、骨や器官などにおいても組織と組織を結びつける役割をするものですが、ケイ素はそんなコラーゲン同士を結合させる効果を持っています。

 

pixta_551676_S

 

コラーゲンを取りまとめているのはエラスチンですが、そのエラスチンをも結び付ける働きをしてくれるのです(゚д゚)!

 

故に、ケイ素が不足すると「、爪が割れる」「髪が抜けやすい」「皮膚がたわむ」などの症状がみられてしまいます。。。
それくらい重要な効果をもたらしている存在なんですね。

 

2.血管をしなやかにする
ケイ素は、血管において動脈の壁の弾力性を維持する働きをしてくれ、コレステロールが血管に付着することを防いで動脈硬化を予防してくれます。

 

Atherosclerosis disease - plague blocking blood flow

 

3.骨密度をあげる
ケイ素にはカルシウムを運搬し、骨の中のミネラル形成を促進させてくれる効果があります。
故に、珪素が不足すると、骨粗しょう症になりかねません。

 

ということは、成長期の子供や閉経を迎えた女性には特に必要とされる成分ですね。

 

4.高血糖・高血圧を予防する
ケイ素は、膵臓からインスリンが分泌された際に作用し、糖が細胞に取り込まれるのを助けるため、血液中の糖分濃度(=血糖値)が高くなるのを抑えることができるそうです。

 

またケイ素は、優れた浸透性と浄化作用をもっているため、中性脂肪を分解する力が強く、血管の壁に付着したコレステロールや過酸化脂質を除去することで血流が改善され、体のすみずみまで栄養成分を届くようになります。

 

これはまさに更年期を迎える男女におすすめしたい成分ですね(*^-^*)

 

5.肝機能等の強化によりアレルギーの発生を抑制する
ケイ素は、細胞や血管を強化し、肝臓など有害物質を処理する臓器や器官の機能を強化してくれるため、アレルギーの発生を抑制する働きがあるといわれています。

 

このように、私たちの身体にかなり重要な効果をもたらしてくれる珪素ではありますが、いまひとつまだ認知度が低く、その重要性はあまり理解されていないようです(>_<)

pixta_12482862_S

 

しかし、ケイ素が不足してしまうと、肌荒れや髪が切れる、細くなるなどの髪の問題、爪が割れる・剥がれる、歯が弱くなる、骨がもろくななる・・・などの様々な部位に問題が発生してしまいます。

 

今は、こうしたケイ素を補給するためのシリカ天然水が存在しますので、思いっきり活用してケイ素不足に備えられるといいですね(*^-^*)

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ