【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

市販のハイドロキノンクリームでシミを薄くする!

ある程度年齢が行くと、肌にシミが浮き出てくるのは仕方がないのですが・・・
とはいえ、シミがあるのとないのとでは、見た目年齢を大きく変えますし、何といっても老人性色素斑ですからイメージが悪い(>_<)
できてしまったシミは何とか薄くしたいものですよね。。。

 

しかし、世の中にあふれている美白化粧品は、そのほとんどがメラニンの生成を抑える美白作用であり、いわばシミを作らないための予防的美白効果が期待できる化粧品なのです(^^;)

 

もちろん、これを使い続けることによって、シミ予備軍として準備されていたものが解消されますし、肌のトーンは1段階上がったような印象になります。
でも、できてしまったシミを薄くすることができるのか?・・・というと、それはちょっと不可能なんですね(>_<)

 

美容 イメージ

 

では、実際にできてしまったシミは化粧品では何ともできないの?レーザー治療や液体窒素治療を受けるしかないの?
・・・いえいえ、お化粧品でもできてしまったシミを薄くすることができるものがあるんです(^^)v

 

それが「ハイドロキノン」です。

 

ハイドロキノンとは?

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、「ハイドロキノン」は数ある美白成分の中で、唯一といっていいくらい、今あるシミを薄くしてくれる漂白効果のある美白成分です。

 

メラニンの生成を抑制するだけではなく、皮膚に沈着してしまったメラニン色素を漂白還元してくれる効果が期待できる成分なのですね(^^)v

 

しかし、ハイドロキノンはちょっと難しい成分でもあって、とても酸化しやすいので、鮮度に注意しながら使う必要があります。
また、刺激性の強い成分なので、敏感肌の人や極端な乾燥肌の人が使うと、ヒリヒリ感を感じたり、赤みやかゆみが出ることがあるといわれています。

 

さらに、ハイドロキノンを塗った直後の肌はとても弱い無防備な状態になるので、紫外線をあててはいけないんです(゚д゚)!
これを守らないと、せっかくシミを薄くするために塗っているのに、むしろシミが濃くなってしまったり・・・

 

こういった注意事項を守らなければいけない成分であることは確かなんですね。

 

ハイドロキノン化粧品

以上のような特性から、ハイドロキノンは濃度によって使用方法が限定されています。

 

例えば、濃度の高い方が効果も期待できるから・・・といって、高濃度のハイドロキノンが使えるわけではありません。
その刺激性などを十分考慮して、基準が定められており、5%以上の濃度のハイドロキノンに関しては、皮膚科において処方してもらわなければ購入できないようになっています。

 

また、市販されている化粧品に関しては、4%濃度のものまでが販売されていますね。
それがこちらです。

 

P1010624

 

ハイドロキノンクリーム(HQクリーム)5g+高濃度VC美容液25mlのプラスキレイ「プラスピュア透肌美活セット」です♪
1週間分のお試し容量のモニターセット。

いずれも新鮮さが要求される化粧品だけに、また肌に合うか合わないかを確認するために、7日間での使い切りタイプになっているのです(*^-^*)

 

P1010626

 

このセットは、使い方としては、洗顔後に直接(または化粧水で肌を整えた後)、高濃度ビタミンC(VC)美容液を4滴ほど肌に伸ばし、その後乳液やクリームを重ねた後に、ハイドロキノンクリームを気になるシミ部分のみにピンポイントでぬるようになっています。

 

最初につける高濃度ビタミンC美容液は、他にはなかなかない25%という一切水が入っていない高濃度のものですので、かなりトロッとしています。
つけた感じがほんのり温かくなるような感じがしますが、これがちょっとピリピリと感じられるようであれば、様子を見て、「痛い」と感じられるようならばやめておいた方がいいですね。。。

 

因みに、私は乾燥肌で肌は強くありませんでしたが、痛くなんてありませんでした(^^)v
ほんのり温かく感じただけでしたので、よほどの方でなければ大丈夫じゃないかなと思います。

 

 

また、このハイドロキノンクリームは、4%と市販されているものでは最高の濃度なので、通常以上に効果が期待できるものです。
顔全体に塗るのではなく、指先や綿棒を使って、シミ部分にだけぬるようにしましょう。



 

ただ、この「透肌美活セット」は、ビタミンC美容液だけでなく、ハイドロキノンクリームも高度なもので、肌の弱い方には不向きである可能性も否めません。

 

もしも、肌に刺激粥とすぎるようであれば、もっとハイドロキノンの濃度を落とした化粧品でケアするようにしてくださいね(#^.^#)

 

その場合のおすすめは、ビーグレンのシ「QuSomeホワイトセット」です♪

 

特に、セット内の「QuSomeホワイトクリーム1.9」は、ハイドロキノンが1.9%とよりマイルドな濃度で配合されています。
こちらのクリームならヒリヒリすることもなく、シミ部分以外にも顔全体にも塗れますので、敏感肌や乾燥肌の方にはこちらが安心かなと思いますよ(*^-^*)

 

P1010339

 

シミを薄くする効果については、「レーザー治療医が効きません」という方もいらっしゃいますが、そんなこともありません。
現に私の頬骨あたりのシミは、化粧品で消せましたし(^^)v

 

いずれの化粧品も、継続して使用することによって、徐々に効果は表れてくると思います。

 

ハイドロキノンによるシミケアは、やっている途中で紫外線ダメージを受けないようにすることが必要ですので、クリームをぬるのは夜のお手入れだけにするなど気をつけつつ、長くお手入れを続けてみて下さいね(*^-^*)

 



Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ