【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

最強の乳酸菌「有胞子性乳酸菌」で腸からキレイ♪

腸活で肌がキレイになるというのは、かなり多くの人に知られるところになりました。

 

腸内環境が整うことによって、毎日のお通じが正常に行われ、便秘にならないことで腐敗物が腸内にとどまることを防ぐことができます。
そうすれば、有害な腐敗ガスが血液に乗って体内をめぐることもありませんし、逆に新鮮な酸素と栄養素が全身の肌に届けられ、肌の状態は良くなりますよね!(^^)!

 

また、新陳代謝が活性化されることで肌のターンオーバーも正常に行われ、肌のトラブルは速やかに解消に向かっていきます♪

美容 イメージ

 

このように、肌の調子も体の調子もすべて腸内環境の良し悪しにかかっています。
だからこそ、腸活が盛んにおこなわれているわけですよね( `ー´)ノ

 

ところで、その腸活ですが、毎日継続的に行わなければ効果がないことから、負担なく摂取できる乳酸菌が有効な方法として用いられています。
が、乳酸菌といっても種類も質もさまざま。
そして、その乳酸菌を効率よく摂取できるはずの乳酸菌サプリも、使われている乳酸菌の種類や配合量で様々なものが入り混じっているのです( ゚Д゚)!

 

そんな中で”最強の乳酸菌”といわれる「有胞子性乳酸菌」が特に最近注目を集めているのですが、ご存知でしょうか?

 

有胞子性乳酸菌とは?

実は、私は乳酸菌を前から飲んでいるのですが、お恥ずかしながら「有胞子性乳酸菌」というのは聞いたことがありませんでした(^^;)

 

乳酸菌は生きたまま長に届けることが大事・・・というのは、知っていたのですが、最近のサプリメントは耐酸性など強力なカプセルを開発して使ってくれているので、何とか腸まで生きて届いているのだろうと思ってたんです。

 

でも、それって完璧じゃないらしいですね(#^.^#)
やっぱり乳酸菌自体が酸や熱に負けない強いものであるほうが、より腸内に到達して働いてくれる確率が高くなるとか。

 

そこで、最強と言われれる「有胞子性乳酸菌」が注目を浴びているようなんです!
乳酸菌名でいえば、ラクリス菌やスポロ菌が代表的なところですね。

 

有胞子性乳酸菌とは、文字通り胞子を持った珍しい乳酸菌。
かたい殻に覆われた状態で消化液に負けずに難なく腸に到達すると、そこで発芽し乳酸菌を産生するので、乳酸菌としての効果(善玉菌を増やすこと)を発揮する期間が他に比べて格段に長いのだそうです。

 

つまり乳酸菌としてのパワーが他の乳酸菌に比べて断然高い!・・・ということなんです!(^^)!

 

有胞子性乳酸菌配合のおすすめサプリ

そんな強い有胞子性乳酸菌をさらに安定して庁に届けるために、耐酸性を持ったカプセルでさらに守って摂取すれば、腸内環境はもっと効率よく整えることができますね。

 

ただ、どの乳酸菌がその人の腸に相性よくマッチするかは個人差があるので、有胞子性乳酸菌だけに頼らず、複数の乳酸菌が配合されていることは必要ですが・・・

 

いずれにしても、乳酸菌サプリとしては、最強の有胞子性乳酸菌が配合されている方が高い効果が期待できるんです( `ー´)ノ

 

そんな有胞子性乳酸菌を含む乳酸菌サプリメントとしておすすめなのは、「乳酸菌革命」というサプリです♪

 

P1010593

 

このサプリは、有胞子性乳酸菌以外にも「効果が高い」と話題になった乳酸菌が数々配合されており、腸にマッチする乳酸菌に出会う確率がほかのサプリに比べて高いようなんです。

 

この「乳酸菌革命」で便秘が解消された女性が多いことや、リピート率がとても高いことからもそれは裏付けられていますね。

 

P1010594

 

しかも、私が気に入っているのは、妊婦さんや小さいお子さんも飲める安心アプリだという点。
私も子供が便秘だというときには、しばらく継続して飲ませていますね(#^.^#)

 

また、それができるくらいのコスパで購入できるんです!
「乳酸菌革命」は、1か月分約2,800円。

 

有胞子性乳酸菌が配合されたサプリメントは比較的高額なものが多く、相場的に4,000~6,000円するので、そこからすると「乳酸菌革命」はかなりリーズナブル(^^♪

 

定期購入だとまた少しお安くなりますが、この定期購入も継続条件が特にあるわけではないので、利用する側としては「合わなければいつでもやめられるんだ」と気が楽なんです(#^.^#)

 

今までどの乳酸菌サプリを飲んでも効果がなかったという方には、ぜひ「乳酸菌革命」を試してみていただきたいと思います。

 

 

乳酸菌革命

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ