【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

花粉症皮膚炎など辛い花粉症に「じゃばら」が効く!

今、花粉症の人が本当に多いですよね(>_<)
いつだれが花粉症デビューしてもおかしくない状況だといわれていますが、でもやはりお子さんが(それも小さい子が)花粉症になってしまうのは、見ていても辛いですね。。。

 

e4947e551c2e93b2c267eaae4de4a263_s

 

花粉症というのは、空気中に飛散した植物の花粉が体に接して起こるアレルギー反応。
代表的なものがスギ花粉ですが、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー症状が出ます。

 

これがもっとひどくなると、皮膚のかゆみや頭が重い、だるさや不眠、集中力の低下など、全身にさまざまな症状があらわれるようです。
今朝もテレビを見ていたら、花粉症皮膚炎が若い女性に多いと報道されていました(゚д゚)!

 

その症状は、顔や首など露出している場所に見られることが多いようで、目の周りや鼻筋にかけてなど、もともと薄い皮膚の部分がカサカサしたり、首にじんましんが出たりします。

 

酷い人になると、赤くただれて痛々しい感じですね(>_<)

こんなつらい花粉症。

 

十分な準備期間をとっての対策であれば、乳酸菌によって腸内環境を整え、免疫力を養い、花粉症に対抗するのですが、もう発症してしまって辛い症状が出ている場合には、乳酸菌やヨーグルトでは抑えることができません(>_<)

 

ただ、そういった症状を和らげるのに「じゃばら」というものが効くとわかりました!

 

1e60cb070ee09ec06aff72c4eeef2c69_s

 

 

花粉症に効く「じゃばら」とは?

私も今回初めて知ったのですが、「じゃばら」というのは、和歌山県北山村に自生する柑橘系の果実で、花粉症に対する効果の高さから「幻の果実」といわれているものです(゚д゚)!

 

なぜ「幻の果実」とまで呼ばれているのかというと、じゃばらに含まれるスーパーフラボノイド「ナリルチン」といわれる物質によります。
このナリルチンとは、花粉症の症状を和らげるフラボノイドの一種で、じゃばらにはこのナリルチンが他のかんきつ類に比べて圧倒的に多く含まれているのです。

 

私は今回初めて知ったのですが、花粉症の方々には救世主的な存在のため、既にご存知の方多いとか。

このじゃばらから作られたジュースやサプリメントが辛い花粉症の症状を和らげるのに効果的なんですね。

 

その商品が、北山村産すっぱくないじゃばらジュース 「北山村産のじゃばらサプリ。」

お子さんにはジュースの方が飲みやすいでしょうし、大人にはサプリメントの方が摂取しやすいかと思います。

 

花粉症の季節はまだは始まったばかりであと数カ月続きますよね。
少しでも楽になれるものなら何でも試したいというのが本音(うちの家族はそういっていますw)だと思いますので、ぜひご自身の花粉症に効果があるかどうか、試してみて下さい( `ー´)ノ


Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ