【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

SPF値を調整して肌に負担のない日焼け止め選びを・・・

少しずつ春が近づいてきましたね(*^-^*)
インフルエンザやノロウィルス、そして肌の乾燥・・・と寒い季節にはいろいろ不調をきたす原因がありましたが、もうすぐ暖かくなります♪

 

でも、そうなると心配なのが紫外線対策で( 一一)
もちろん、UVケアはお肌のために年中季節を問わず、そして天候を問わず行なう必要があるのですが、日差しの強い季節は尚更です。

 

紫外線

 

万全の準備で暑い季節を迎えましょう( `ー´)ノ
そのために、紫外線対策に最も有力なアイテム、日焼け止めについて学んでおきましょう(*^-^*)

 

日焼け止めの数値の意味

日焼け止めには「SPF50PA+++」などと数値が書かれていますが、数値が高いものほど日焼け止め効果も高いこと、これは皆さんご存知ですよね。

 

でも「SPF]の意味は?そして「PA」の意味は?
また、「とにかく数字が高ければいいんでしょ」と常に、どのようなシーンでもSPF50の日焼け止めを使ったりしていませんか?

 

そんなことをしていると実は、ちょっとした問題が発生してしまうのです(゚д゚)!

 

私たちのもとに届く紫外線には、波長の長いA波と波長の短いB波という2種類の光線があって、日焼け止めは異なった役割でそれぞれの波長の光線から肌を守ってくれています。

 

  • 紫外線B波=肌の角質層にダメージを与え、メラニンが生成されシミとなる→SPF値が担当
  • 紫外線A波=肌の真皮層にダメージを与え、シワ・たるみの原因となる→PA値が担当

 

つまり、私たちは日焼け止めを購入するとき、日焼けで黒くなる(シミができる)のを予防するために、SPF値の高いものを選び、しわやたるみの原因を作らないために、PA値の+が多いものを選ぶわけです。

 

現在販売されている日焼け止めでは、SPF値の最高は50、そしてPA値の最高は++++ですね(*^-^*)

k3194

 

日焼け止めの使い分けが必要な理由

では、どんな時も強力な日焼け止めを使ていれば、UV対策は完璧じゃない!・・・と思いがちですが、実は日焼け止めはそもそも、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤といった2種類の薬品によって紫外線をブロックするのですが、シミやしわを防いでくれる分、それぞれに肌の負担となる成分でもあるのです(>_<)

 

  • 紫外線吸収剤=肌の表面で紫外線を吸収して日焼けを防ぐ=肌荒れの原因になる
  • 紫外線散乱剤=紫外線を反射させて日焼けを防ぐ=乾燥肌の原因になる

 

その他、日焼け止めの副作用についての研究が現在世界中で行なわれており、日焼け止めに含まれる成分が甲状腺ホルモンえ影響する可能性が指摘されてきています。
その場合、心配される症状の例としては、疲れやすさ、倦怠感、冷え性の悪化、便秘、うつ症状などの精神的な疾患と共に、肌荒れ、毛髪がぱさつく、といった皮膚のトラブルなどだそうで、こちらも気になりますよね(>_<)

 

だから、美肌の観点からすれば、肌に必要以上の負担をかけないためにも、日焼け止めは適材適所でシーンに合わせて適度な強度のものを使用するのがベストです。

 

例えば、SPF値でいえば、5から50まである数値の中で、選ぶ目安は次のような感じです。

  • SPF5~20・・・室内を含めた日常生活(ゴミ出しや洗濯物を干すなど)
  • SPF30・・・買い物や車の運転、通勤・通学、子供の遊びに付き添うなど
  • SPF50・・・炎天下でのスポーツや海水浴、その他レジャーで過ごす場合

 

以上から考えると、日焼け止めは常に「SPF20~30」程度のものと「SPF50」のもの2種類をそろえておいて使い分けるのがおすすめです。
その中で、成分が肌に刺激の少ないものが使われている質の良い日焼け止めがベストですね(^^)v

美容 イメージ

 

おすすめの日焼け止めは?

一年中、シミ・しわ・たるみの原因となる紫外線から肌を守りつつ、日焼け止めの成分からも肌を守りたいので、使う日焼け止めは、とにかく成分にこだわって質の良い日焼け止めを厳選したいですね。

 

そこで、おすすめしたいのが2種類。
まず、日常使いのSPF30の日焼け止めは、オーガニックコスメブランドとして有名なHANAオーガニックのUVミルク「ウェアルーUVSPF30PA++」です。

 

ウェアルー

 

石油成分一切不使用、かつ天然100%オーガニック処方の「ウェアルーUV」は、紫外線カットに必要な酸化チタンなどミネラル成分はアミノ酸でナチュラルコーティングして直接肌に触れないようにするなど、紫外線をカットしつつもきちんと肌を守ってくれます。

 

ダマスクローズの濃縮エッセンスがたっぷり配合されているので、肌そのものを美しくする効果が期待できます♪

これを使っている人は、ほとんどがファンデーションなしで過ごせているとか。
普段使いにはもってこいのUVミルクですね♪→ウェアルーUV

 

そして、レジャーなどで長時間を日差しの下で過ごす場合の日焼け止めには、当然のSPF50PA++++。
おすすめは、POLA(ポーラ)の美白スキンケアシリーズ ホワイティシモの「UVブロック シールドホワイト」です。

 

P1010368

 

この「UVブロック シールドホワイト」は、私自身も愛用のUVミルクなのでよく知っていますが、ウォータープルーフなのに専用クレンジングなしでも落とせる処方で、高い保湿効果があります。

 

紫外線散乱剤が肌の乾燥を招くことがわかっているからこその、美容液仕様でつけたときの保湿効果を高めてあるようです。
ウォータープルーフ独特の脂っぽさやキツイ香りは一切ありませんので、ここちよくつけられますよ♪
しかも、この「UVブロックシールドホワイト」は蚊の嫌いなハーブの香りです。
私たち人間にはいい香りなんですが、蚊は嫌いで寄ってこないんだそうですよ( ̄▽ ̄)

なので、これを塗れば日焼け防止はもちろん、蚊にも刺されずにすみますよ♪
キャンプや登山などアウトドアの日焼け止めとしては最適です!

 

これからの季節には必ず備えておきたい1本ですね。→「UVブロック シールドホワイト」



この2種類の日焼け止めを使い分けて、美しい肌を守りましょう(*^-^*)

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ