【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

早すぎても遅すぎてもいけないターンオーバーのお話

美肌の決め手は「ターンオーバー」と呼ばれる肌の新陳代謝。
このターンオーバーが正常に行なわれていれば、シミやしわなど肌に少々トラブルが起こっても、古い皮膚は剥がれ落ち新しい皮膚が下からできてくれるため大きな問題になることはありません。

 

しかし、このターンオーバーが乱れてしまったら・・・
日焼けや摩擦ダメージによってできたメラニンが定着してシミや黒ずみとなったり、乾燥によって生じてしまった細かいしわは深いしわとなって肌に刻まれたり、またニキビが発生してしまったり・・・様々な肌トラブルに見舞われてしまうのです(>_<)

 

ということで、美肌を保つ上でターンオーバーはとても重要なポイント!
このターンオーバーを正常に保つためにも、正しく理解しておきましょう( `ー´)ノ

 

ターンオーバーとは?

初めにご紹介したように、ターンオーバーとは、簡単に言うと肌の生まれ変わりのことです。

 

肌の構造②

 

私たちの肌は、外側から表皮→真皮→皮下組織と大きく層がわかれており、最も外側の表皮はさらに、皮脂膜→角質層→顆粒層→有棘層→基底層という層から成っています。

 

そして、問題のターンオーバーが行なわれるのは、表皮において。

表皮の一番奥にある基底層は、ケラチンやメラニン色素が生成されるケラチノサイトとメラノサイトという細胞から構成されていますが、このケラチノサイトから分裂した細胞が、すぐ上の有棘層へ上がっていきます。

 

そして、有棘層から素肌のうるおいの決め手ともいえるNMF(天然保湿因子)や細胞間脂質が生成されている顆粒層へと上がっていきますが、ここまでの過程でかかる日数が約14日間といわれています。

 

さらに、顆粒層から角質層へと上がってきますが、ここからは細胞は角化され、すでに核のない死んだ細胞として徐々に表面に押し上げられていくようです。
この角質層では水分保持という大事な役目を担っているので、皮脂膜で蒸発しないように守られながら、多くの水分を抱え込み、みずみずしい肌が保てるようにするんですね。

 

この角質層で表面へと上がっていくのにかかる日数が約14日間。
これだけの日数をかけて表面へと達し、やがては垢となって剥がれおちてターンオーバーは完了です。

 

美容 イメージ

 

ターンオーバーの周期は部位と年齢によって違う

ただし、ターンオーバーは28日周期・・・と機械的に覚えない方がいいと思われます。
なぜなら、部位によって正常といわれるターンオーバーの周期は違いますし、年齢によっても異なるからです。

 

皮膚の厚い(=層が多い)部位や、血行が中央に比べて乏しくなる末端の部位はターンオーバーにかかる日数が多くかかるといわれていますので、ターンオーバーは28~56日の間で行なわれると理解しておくといいですね(*^-^*)

 

また、加齢によって代謝機能が低下してくると当然、ターンオーバーの周期も長くなります。
次の日数を目安に考えておきましょう(^^;)

  • 10代・・・約20日
  • 20代・・・約28日
  • 30代・・・約40日
  • 40代・・・約55日
  • 50代・・・約75日
  • 60代・・・約100日

 

いかがでしょう?
年齢が高くなると、こんなにターンオーバーの周期も長くなるんですね。

 

だから、20代に人と40代の人が滞ったターンオーバー促進のために同じ化粧品やサプリを活用したとしても、その効果の表れにはタイムラグがあるということです。
1カ月で20代の人が効果を感じても、40代の人が効果を感じるまでにはその倍の2カ月はかかるということなので、早々に「これは効果がない」と諦めたり、その商品を見限って新しい商品に乗り換える・・・なんてことは、もったいないのでしない方がいいですね(>_<)

顔のシミを気にする女性

 

ターンオーバーは早すぎても遅すぎても問題

確かに、ターンオーバーの周期が早ければ、それだけ肌は新しく生まれ変わるということなので、滞って遅くなるよりは早くなった方がいい!
・・・なのですが。

 

これもまた早すぎるとよくないのです(>_<)

 

ターンオーバーが早くなるということは、少ない日数で角化して角質となり表面に上がってくるということ。
つまり、細胞が準備ができない未成熟なまま角質となり肌を構成するということなのです。

 

このような未熟な角質は、小さく薄く、水分保持力が低く、傷み・乾き・縮みやすい角質といえ、硬くなりやすいもの。
そして、このような角質が肌表層を形成すると、弱々しい角質は剥がれやすく、カサカサや皮むけ現象を起こしやすいのです(>_<)

 

なので、毛穴の角栓にもなりやすいですし、バリア能が低いため過敏に汗や皮脂が出るようになってしまいます。
これらは「シミになりやすい」「しわに発展しやすい」「ニキビができやすい」「毛穴の黒ずみができやすい」などなどのトラブルの原因となってしまうのです。

 

だから、ターンオーバーはあくまでも正常に行なわれることが必要なのです( `ー´)ノ

 

ターンオーバーが正常に行なわれるためには

では、肌のターンオーバーを正常に保つために私たちは何をしたらいいのでしょうか?

基本となるのは、言わずと知れた規則正しい生活ですね(*^-^*)
睡眠時間の確保とバランスの良い食事は必須条件。
その上で、次のような対策をとることが効果的です。

1.紫外線対策
2.乾燥対策
3.活性酸素対策

 

紫外線は肌にとって決して良いものではありませんので、年中UV対策を行なってシャットアウトすることが必要です。
そして、年齢に応じた乾燥肌対策。
前半部分でお伝えしたように、角質層には十分な水分保持を行なった上で油分で蓋をするという一連の保湿・・・これが重要になってきますね。

 

さらには、近年特に注目されている活性酸素による酸化対策です( `ー´)ノ

 

私たちが生活をしてく上でどうしても大量に発生させてしまう活性酸素は、細胞レベルで体内のいたるところを酸化させてしまうために、表面的にシミやしわを作るだけではなく、血管や臓器を老化させて機能を低下させてしまう他、最悪な場合は細胞を癌化させてしまう恐ろしい存在です。

 

これを強力な抗酸化作用でブロックするためには、圧倒的な抗酸化力を持ち最小分子サイズである水素が最適です。
最近は水素水や水素サプリがブームになりつつありますが、本来はブームで終わらせてしまってはいけないほど、活性酸素対策は重要なものと考えられます。

 

個人的には水素サプリ がおすすめですが、好みもあると思いますので、ご自身の生活スタイルに合った活性酸素対策をして頂けたらなと思います。

 

因みに、私が参考にさせて頂いたサイトをご紹介しておきますね♪
↓   ↓   ↓
http://水素サプリおすすめ・.com/
美肌のため、そして健康のため、とれる対策はきちんと取っておきたいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ