【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

チャームポイントになる涙袋が作れちゃう話♪

最近の女の子の多くが憧れる涙袋
目の下にあるプクッとしたふくらみのことですね(*^-^*)

pixta_7704525_M123

 

これはある人とない人がいて、それぞれの良さがあるので、一概にどっちがいいとは言えないのですが・・・
好みの問題だってありますしね。

 

ただ最近の流行は、”プクッとした涙袋がかわいい”なんですよねー♪
涙袋が大きいと目も大きくうるんで見え、色気を感じることから憧れる女性はとても多いんです。

 

そして、男性の印象も大体同じような感じらしく、今の「モテ顔」となっているんですね。

 

確かに、石原さとみちゃん、大島優子ちゃん、きゃりーぱみゅぱみゅ・・・と涙袋ありの女子が大人気!
可愛いですよね(*^-^*)

 

そんな「私も涙袋が欲しい!」という女子向けの情報として、涙袋を作る方法についてご紹介したいと思います( `ー´)ノ

 

涙袋を作る方法

家庭でできる方法から、プロによる本格的な方法まで選べるんですよ(*^-^*)

 

メイクで涙袋をつくる

今、メイクアイテムは種類が豊富です♪
しかも、テクニックについても雑誌やネットで調べれば詳しく書いているし、言ってみれば自在に顔をデザインできちゃうんですよね。

 

そこで、涙袋メイクのアイテムです。
アイカラーの入れ方で、さも涙袋があるように見せることができるのですが、おすすめはペンシルタイプのアイカラー♪

 

ちょっとキラキラの入ったアイカラーで陰影をつければ結構目元の印象が変わるんですよ!

涙袋

 

このアイカラーは「ラブドロップス 涙袋 ウルミライナー」という商品なのですが、肌馴染に合わせて選べるカラーが3色あるし、ウォータープルーフなので汗くらいでは落ちません。
いったん乾くと擦っても大丈夫なんですよ♪

 

気分に合わせて涙袋をつくったりつくらなかったりできるのが、メイクで涙袋を作るメリットですね。

 

オロナインで涙袋をつくる

これは実はネットで話題の方法。
目の下の涙袋を作りたい部分のちょっと下側にオロナインを塗って、優しく数回指でなぞってマッサージ。

これを毎日繰り返しているうちに、1~2週間で涙袋ができちゃうんだそうです(゚д゚)!
ポイントは、涙袋の部分に塗るのではなく、その下側にオロナインを塗ること!

 

どうしてオロナインでこういうことができちゃうのかというと、オロナインには脂肪を燃焼させる働きがあるようで、塗った部分の肌が引き締まることから、その上にある涙袋部分がぷくっとして見えるようになるとのことです。

オロナイン

ネットでも「涙袋のようなものがほんの少し出てきた」「笑うと涙袋がほんの少しでるようになった」といった声が上がっていますね( ̄▽ ̄)
もっとはっきりした「涙袋が本当にできた」という声もあるので、やってみてもいいですよね♪

 

プチ整形で涙袋をつくる

今はメスを使わなくてもしわをなくしたり、たるみを改善したりといったプチ整形がいろいろできますよね。
涙袋もその一つ。
ヒアルロン酸を注入することによって、プクッとした涙袋がつくってもらえます。

それもヒアルロン酸の量を調整すれば、お好みの形に♪

memoto

但し、ヒアルロン酸注入による効果は半年程度しか持たないといわれているので、だんだん小さくなっていく可能性があります。
もともとヒアルロン酸は肌の中にある成分なので、徐々に吸収されてしまうんです。

 

だから、もし涙袋を維持したいのであれば、半年ごとに注入しなければいけませんね。

 

しかし、逆に言えば、「あー、もう涙袋も流行りじゃないし、なくしたいな」という場合には、むしろ好都合でしょ?
だんだん元に戻るだけなので、整形し直す・・・なんて心配はありません(^^)v

 

ただ、プチ整形の場合は、より自然な形で理想のラインを作ってもらえるかどうかは、医師の腕にかかっているといわれていますので、適当なクリニック選びはやめておいた方がいいと思います。
とんでもないことになってからでは遅いですからね( `ー´)ノ

症例数も実績も申し分ない美容クリニックを選んでくださいね。

 

当サイトのおすすめはこちら→湘南美容外科クリニック

 

いずれの方法でもそれほど危ないことではないので、お好みで選択されるといいですね♪

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ