【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

憧れの二重まぶたになるには、プチ整形派?それとも自力派?

目ヂカラの強い顔になりたい」「くっきり二重の魅力的な目元になりたい」という方、本当に多いですよね。
一重まぶたの人が何とか二重まぶたに・・・というケースが圧倒的に多いですが、中には「奥二重をはっきりした二重にしたい」や、「腫れぼったいまぶたをスッキリさせたい」、「もっとデカ目にしたい」といった要望もあり、女子の目元に対する執着は年々大きくなっています。

 

だって、やっぱり初対面の人が最初に顔を合わせたとき、絶対目線は目に行きますもんね。
人の第一印象を左右するのは、ほとんど「目」だといってもいいくらいです(#^.^#)

だから、みんな魅力的な目元にしたいわけです(*^-^*)
では、魅力的な目元とは?・・・それは二重まぶたですね。

 

その二重まぶたにするための方法ですが、「毎日のメイクで自力で二重にするよ」という人と「プチ整形で簡単にやっちゃえ」という人とに分かれます。

それぞれのメリット・デメリットは、どういったところにあるのでしょうか?

contact

自力のケアで二重にする派

現在、自力のケアで二重にする方法をとっている方は、大半がアイプチを使われているのではないでしょうか?
でも、本当はアイプチに関しては、メリットよりもデメリットの方がとても多いんです(゚д゚)!

 

<アイプチのメリット>

  • 誰でもメイクで簡単に確実に二重ができる
  • 費用が500~3,000円とお安く、プチ整形にかかる費用が節約できる

 

<アイプチのデメリット>

  • 瞼に強力な接着剤を塗るのと同じなので、多用するとまぶたがただれることがある
  • 常に引っ張られているような感覚がある
  • 接着剤で貼っているので、電車などでうたた寝すると目が半開きになる
  • 至近距離でみられるとバレルのではないかと気がかり
  • ウォータープルーフ用以外は水に弱いので、突然の雨やプール、温泉などで困る
  • 上まぶたが垂れ下がる眼瞼下垂になる可能性が高い

 

特に、まぶたがただれるという事態は深刻で、痛々しいほどの肌トラブルになります。
また、眼瞼下垂についても、ひどい場合は美容整形でも治せないほど上まぶたが伸びてしまうなど、重症化するケースもあるようですね。

118165

なので、自力で二重瞼にしようという場合は、アイプチよりもマッサージをして瞼のむくみをとったり、毎日なりたい二重のラインを優しくなぞって癖付けしたり、といった地道なケアがおすすめです♪

 

その際に、まぶたを柔らかくして癖付けがスムーズにできるようにする美容液などを用いると、効果が一層上がりますね!
伸びがちな瞼を引き締める効果も期待できますので、なかなか有効なんですよ( ̄▽ ̄)

 

まぶたの癖付け美容液→矯正成功率93%の実績!簡単3ステップで【自然派ふたえ】

 

プチ整形で二重にする派

プチ整形でまぶたを二重にする場合、ほとんどが特殊な糸を使い、まぶたの裏から二重を作りたいラインに沿って数か所留めていくという「埋没法」という施術を美容クリニックで受けます。
施術自体はあっという間にできてしまうようで、ダウンタイムもない点が人気のようですね。

プチ整形を決断する人というのは、自力で二重を作る努力したけれどダメだった方や、面倒で毎日の二重づくりが続かなかった人がほとんどですよね(^^;)

このプチ整形のメリットデメリットも比較してみましょう!

<プチ整形のメリット>

  • 毎日二重を作るメイクをしなくていい
  • メスを入れない(=切らない)手法なのでダウンタイムも少なくできる
  • 元に戻すこともできる
  • 好みのデザインの目元にしてもらえる

<プチ整形のデメリット>

  • 安くなったとはいえ、それなりの費用(10万円程度)は掛かる
  • まぶたの裏で止めている手法なので、目を強く擦ると糸が切れてしまう
  • 糸で眼球が傷つくこともある

 

このようにいずれの方法も一長一短はある感じです。
それでも、個人的には、毎日アイプチをすることを思えば、お金はかかるといえどもプチ整形でされる方がおすすめかなと思います♪

何もメスで切ってしまうわけではないので、いざというときは元に戻せますしね(*^-^*)
いずれにせよ、負担のない範囲で選択されるといいかなと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ