【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

美肌に良い雑穀米

身体に良くないとされる精製食品のなかに「白米」が含まれているのをご存知でしょうか?
精製食品といわれる主なものは、白砂糖、小麦、そして白米。

SW156_L

なぜ精製食品が身体に良くないのかというと、より食べやすくするために精製するのですが、精製する過程で身体にとって良い効果をもたらす食物繊維やビタミン、ミネラルがすべて取り除かれてしまうからなんです(>_<)

 

だから、精製したものを食べると血糖値が上がりやすく、急激な血糖値の上昇は細胞にダメージを与え老化を早めてしまいます(>_<)

 

白砂糖より黒砂糖、小麦で作ったパンよりライ麦・全粒粉で作ったパン、白米より玄米がいい・・・というのは、そういうことなんですね。

 

白米より玄米・雑穀米

ただ、玄米は身体に良いとはいえ、そのままだと炊くのに時間がかかり主婦に負担がかかるだけでなく、よく噛んで食べなければ消化も良くないので、小さな子供やお年寄り、胃腸の弱い人には不向き・・・というデメリットが存在することも確かです(>_<)

 

「健康にイイなら切り替えよう」という思いで玄米食を始めてみても、きっと途中でモチベーションが下がり、面倒くさくなって次第にやめてしまうんですよね。。。
何人そういう方を見てきたことか・・・

 

しかも、意外とこの玄米は、よほど物心ついたころからやらないと、子供たちの抵抗にあいます(^^;)
だって、子供たちはふっくらと柔らかい白いご飯が大好きですからwww
旦那さんは「健康のためよ」っていえば、しぶしぶなりともOKするんですけどねー

 

なので、現実的に続けられる路線で考えると、いつもの白米に玄米や雑穀米をプラスして混ぜご飯感覚で食べさせてみることからおすすめしたいと思います♪

 

我が家はこの方法で成功しています\(^o^)/

P1010477

白米2合に対し、小分けされた雑穀米の1パックをプラスして普通に炊飯器で炊くだけなのですが、モチモチっとしたおこわ風の雑穀米が手軽にできて、しかも美味しいので、健康食品を嫌がる下の子も全然OKだったんです( ̄▽ ̄)

 

こうした小分けされた雑穀米のパック(小分けされずに販売されているものもありますよ)には、二十穀、三十穀などメーカーごとにいろいろ種類があるのですが、それぞれに配合されている雑穀の種類が異なり良さがあるんです。

 

<一般的な雑穀米にに含まれているもの>
はだか麦・モチ玄米・青肌玄米・黒米・胚芽押麦・発芽玄米・コラーゲンペプチド・もち麦・赤米・緑米・もちきび・とうもろこし・丸麦・黒ごま・米粒麦・もち粟・はと麦・ひえ・うるちあわ・たかきび・アマランサス

 

実際、お弁当に入れた冷めたご飯でも美味しいんですよ♪

 

肝心な栄養価は、白米と比較すると格段にアップ!

  • タンパク質が約2倍
  • 食物繊維が約9.6倍
  • カルシウムが約8倍
  • ビタミンB1が約3倍
  • ビタミンB2が約2.5倍

 

 

これだけの栄養素を炭水化物しかなかった白米にプラスできるって、なかなかいいでしょ?
メタボのお父さんにもおすすめのものがありますので、ぜひチェックしてみて下さい♪

 

ダイエットとメタボ対策に良い雑穀米→ダイエットに良い「メタボブレンド」

 

ただし、もしこれでも子供に嫌だといわれた場合は?
もう、入れたかどうかわからないようにしてコソッと栄養をプラスするしかありません( ̄▽ ̄)

 

その場合はこちらをどうぞ♪→ひとてまい

 

そして、純然たる玄米を楽しみたい!という方は、こちらの発芽玄米がおすすめです♪
普通の炊飯器で炊けるので、長い時間水に浸して長時間炊いて・・・という手間がかかりません!
玄米の中でも「発芽玄米」なので、より食べやすく栄養価も高いですよ(^^)v

 

便利で美味しい玄米はこちら→ファンケルの発芽米 お試しセット

 

 

体のこと、美肌のことを考えるならば、白米はできるだけ少なくした方がいいようです。
これは間違いなく。

なので、できることから家族のお好みに合わせて始めてみませんか?

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ