【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

美肌に欠かせないインナーケア

美肌はスキンケアのみではなし得ないもの。
私たちの体が食べたものでできている以上、それはとても当たり前のことですね。

なぜなら、体の状態は即肌に反映されるからです( `ー´)ノ

なので、肌を美しい状態に保ちたければ、健康でいることはもちろん、美肌のためのインナーケアも行わなければなりません。

Beautiful asian woman

 

インナーケアのポイント

インナーケアは、するとしないとでは見た目年齢に10歳近くの差を生んでしまう重要なものです。
それはズバリ「生活習慣の見直し」の上にあるものなのですが、いくつかポイントがありますので整理してみましょう♪

  • 食生活=栄養バランス、腸内環境
  • 睡眠=代謝
  • 運動=筋力の有無による代謝、血行改善
  • 嗜好=深酒、喫煙

 

これらは長い年月をかけて身についているものなので、改善するのはそれほど容易ではありませんし、即効性もありませんが、少しずつ改善することによって、3年後、5年後の肌に確実に違いが出てくるようです。
あきらめずに地道に続けていきたいですね( `ー´)ノ

 

インナーケアの成分

インナーケアはもちろん、美しい肌を作るために行うものなのですが、具体的には、3つの側面をサポートすることが求められます。
1.細胞の活性化・・・ターンオーバーの促進
2.抗酸化・抗免疫化・・・外部の刺激からの防衛
3.血行促進・・・肌への栄養補給

そのために必要とされる成分を摂取するということですね。

ビタミンB群

玄米、ナッツ類(B1)/レバー、うなぎ(B2)/まぐろ刺身、バナナ(B6)/レバー、牛乳(B12)/かつお、ぶり、さば(ナイアシン)/牛乳、卵(パテトン酸)/小松菜、ほうれん草(葉酸)/卵、ナッツ類(ビオチン)などに多く含まれる。

ビタミンA

ほうれん草、にんじん、かぼちゃ、だいこん、にら、うなぎ、あなご、すじこ、いくらなどに多く含まれる。

ビタミンC

レモン、パセリ、いちご、ピーマン、キウイフルーツ、ブロッコリー、柿、ゆず、めんたいこなどに多く含まれる。

ビタミンE

ナッツ類、ぶり、すじこ、いくら、からすみ、唐辛子、タラコ、抹茶などに多く含まれる。

パントテン酸カルシウム

レバー、干し椎茸、鶏はつ、鶏ささみ、うなぎ、たまごの黄身、タラコ、納豆などに多く含まれる。

L‐システイン

卵、豚肉(赤身)、鶏肉、鮭、大豆、はちみつ、にんにく、唐辛子、ヒマワリの種などに多く含まれる。

このように、やはり肌の問題はビタミン類が中心ですね(#^.^#)
インナーケア成分は食事から摂取するのが理想的ですが、毎日バランスのよい食事を摂るのは簡単そうに見えて意外に難しいもの。手軽にしかも確実に摂取するためにはサプリメントを利用するのも有効ですね(#^.^#)

P1010211

ちなみに、このマルチビタミンは私が飲んでいるサプリなのですが、各ビタミン類のバランスがとてもよく、1日2粒でビタミンの必要量を網羅することができます!(^^)!

こうしたサプリは即効性があるわけではありませんが、飲み続けることによって確実な差が生じてきますので、気長に摂取していきましょう( `ー´)ノ

売れているマルチビタミンはこちら→10種のビタミンが1粒で!?>>

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ