【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

アロマオイルに美肌の効果があるの?

女性が大好きなアロマオイル(精油)
好きな香りに包まれると、心からリラックスできますよね(*^-^*)

 

そんなアロマオイルは、ちょっと前から認知症予防にも効果があると注目されていますが、実はそれ以外にも、様々な美肌効果がるんです(゚д゚)!

 

どうして香りが肌に良い効果をもたらすの?って不思議な感じがしませんか?
でも実は、香りというのは脳に直接働きかけるため、アロマオイルによるリラクゼーション効果は思いがけず大きな効果をもたらすものなんです。

784061d9f132e6cb96342c1e76ab1139_s

肌の状態から見た最適なアロマオイル

アロマオイルを美肌のスキンケアに活用する場合、好きな香りで選ぶだけではなく、肌の状態によって最適な効果をもたらすものをチョイスすれば、もっと有意義なお手入れができますね♪

 

乾燥肌でお悩みの場合

乾燥肌には保湿が必要!
その保湿のためには、皮脂を調整して皮膚細胞の働きを高めるアロマオイルが有効とのことです。

サンダルウッド・・・皮脂分泌調整作用、エモリエント作用(皮膚を柔らかく潤す作用)

キャロットシード・・・皮膚細胞活性作用

パルマローザ・・・皮膚細胞活性作用

 

脂性肌でお悩みの場合

他人に比べて皮脂分泌が多いオイリーなお肌には、毛穴を引き締める収れん作用や皮脂の分泌を調整する作用のあるアロマオイルがおすすめです♪

サイプレス・・・皮脂の過剰分泌抑制作用

レモン・・・収れん作用

イランイラン・・・皮脂分泌調整作用

ゼラニウム・・・皮脂分泌調整作

ed6d63055f5d9304b84c44e0a40cc23f_s

シミ・くすみが気になる場合

くすみのもとになる血行不良を改善したり、新陳代謝を高める作用のあるアロマオイルがオススメです。

ネロリ・・・新陳代謝促進作用

キャロットシード・・・抗酸化作用、皮膚細胞活性作用

ゼラニウム・・・血行促進作用

ローズウッド・・・皮膚細胞活性作用

しわやたるみが気になる場合

しわやたるみは、肌のハリや弾力が失われることで起こります。
そんなお肌のハリに必要なのは、保湿や収れん、皮膚細胞を活性させる作用ですね♪

サンダルウッド・・・皮脂分泌調整作用、エリモント作用(皮膚を柔らかく潤す作用)

ネロリ・・・新陳代謝促進作用、収れん作用

フランキンセンス・・・収れん作用、皮膚細胞活性作用

ローズオットー・・・収れん作用、保湿作用

ニキビにお悩みの場合

ニキビの直接的原因である皮脂分泌を調整したり、ニキビの炎症を起こすアクネ菌の繁殖を抑える作用のあるアロマオイルがおすすめです♪

ダーウッド・・・殺菌・消毒作用、収れん作用、うっ滞除去作用(むくみ除去作用)

サンダルウッド・・・抗炎症作用、収れん作用、皮脂分泌調整作用

ラベンダー・・・殺菌・消毒作用、抗炎症作用

ティーツリー・・・抗菌作用、抗炎症作用

1074baceaf68662efa6df196c6e2678f_s

日焼けした肌の場合

日焼けとは、お肌が軽いやけどを負った状態です。
そんな日焼けした肌のアロマオイルは、抗炎症作用のあるものを選びましょう。

ラベンダー・・・抗炎症作用、鎮痛作用、殺菌・消毒作用

ペパーミント・・・冷却・鎮静作用、殺菌・消毒作用

 

アロマオイルの使い方

自分の肌に最適なアロマオイルを選択したら、その有効成分が肌にいきわたるように活用します♪

それには、お風呂にアロマオイルを数滴たらしたアロマバスや、マッサージオイル、化粧水、フェイシャルスチームなどの方法が良いようですね。

こうしてアロマオイルを活用することで、いい香りに包まれる癒し効果とともに美肌効果が得られるので、まさに一石二鳥ですね(^^)v




女性ホルモンの専門家が考えたアロマオイル

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ