【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

美肌の大敵、紫外線を知ろう!

「日焼け防止」「UVケア」「紫外線対策」・・・紫外線が美容に悪いことをみんなが知っており、たくさんの紫外線を防ぐ言葉が存在しますよね。

確かに紫外線は美肌にとっては大敵!
絶対に予防しなくてはいけないものです。

 

では、紫外線の何が悪くて予防しない溶けないのか、私たちは正確に理解しているのでしょうか?

今後のケアを完璧ににするためにも、紫外線が肌に及ぼす作用について正しく整理しておきましょう( `ー´)ノ

 

紫外線の光線と肌への作用

紫外線には光線の波長の長さによって、A波、B波、C波・・・と種類があるのをご存知でしょうか?

但し、C波はオゾン層で吸収されてしまうので、地球に届くのは波長の長いA波と波長の短いB波の2種類ということになります。

UV‐A=紫外線A波

日常生活の中で知らずに長時間浴び続けてしまう紫外線A波は、「生活紫外線」ともいわれ、肌に浴びた30~50%が表皮を通過して肌の奥にまで達するそうです(゚д゚)!

表皮の下の真皮層に達したA波は、そこに存在するコラーゲンやエラスチン、そしてそれらを生み出す繊維芽細胞にダメージを与え、コラーゲンやエラスチンが減少させてしまいます。
故に、肌はしわやたるみができたりするんですね(>_<)

 

UV‐B=紫外線B波

一方、紫外線B波(UV-B)は、大部分が表皮で散乱・吸収されるため、その作用は急激で大きなダメージを与えます。
海水浴、スキー、ゴルフなどのアウトドアスポーツやレジャーの日やけの主な原因となることから「レジャー紫外線」とも呼ばれているようですね。

紫外線B波を受けると、はじめの数時間で肌が赤くなり、炎症を起こしてヒリヒリと痛む「やけど」の状態になります。
その後しばらくして、色素細胞からメラニンがつくりだされ肌が黒くなります。

このように、紫外線は肌に対してそれぞれ異なったダメージを与えてしまうものです。

  • B波=比較的短時間でヒリヒリとした火傷のような状態を作り出す
  • A波=長時間浴びることでじわじわと肌内部の弾力に影響を及ぼす

 

つまり、シミを作り出すのは紫外線B波、しわやたるみを作り出すのは紫外線A波ということなのです。
これはきっちり両方の波長の紫外線をシャットアウトしなければいけませんね( `ー´)ノ

 

紫外線を防ぐ日焼け止め

紫外線が肌に悪影響を及ぼさないよう予防するためのものが日焼け止めです。
ドラッグストアに行けばわかりますが、今は、乳液やジェル、クリーム、ローション、スプレー・・・とさまざまなタイプのものがあり、パッケージに描かれている「SPF値」や「PA値」も20程度のものから50までといろいろです。

これらの記号や数字は何を表しているのでしょうか?

 

SPF値

SPF値は、波長の短い光線である紫外線B波を遮断する効果を表しており、現在の最高値は50です。
つまり、「SPF50」という日焼け止めが一番強力にB波から肌を守ってくれます。

PA値

PA値は、波長の長い光線であるA波を遮断する効果を表しており、こちらは「+」の数が多いほど効果が高いことを意味しています。
なので、現在のところ、最もA波を遮断する効果が高いのは「PA++++」ですね。

 

しかし、これらの日焼け止め。
SPF値やPA値が高いものを常に塗って完璧にUV対策をすればいい・・・というものではありません。

もちろん、価の高いものはそれなりに肌への負担が大きい成分の配合となっているので、ちょっとゴミ出しに行くだけなのに「SPF50PA++++」の日焼け止めを塗るのは過剰ケアであり、かえって肌に大きな負担を強いることになるのです。

 

なので、ちょっとゴミ出しや買い物・・・という場合は「SPF20~30」で十分。
「SPF50」は海や山へのレジャーや、日中のスポーツなどガッツリ日光のもとで過ごす・・・という場合に使用するようにしましょう。

stockfoto_72603176_XS

散乱剤と吸収剤

日焼け止めを選ぶもう一つの目安が、配合されているのが散乱剤か吸収剤かです。

散乱剤とは、文字通り肌の上で紫外線を反射して散乱させ防ぐものであり、吸収剤とは一旦紫外線を吸収した上でその作用をやわらげて肌への作用を防ごうというものです。

 

紫外線散乱剤も紫外線吸収剤もそれぞれ一長一短ある成分のよう。

 

吸収剤のみの日焼け止めは、透明です。
ジェルやローションにはこのタイプが多いですね。

 

一方、散乱剤が配合されている日焼け止めは、白濁しています。
乳液タイプやクリームタイプがそれにあたりますね。

 

強力な日焼け止めが欲しい場合は、その両方が配合された日焼け止めがいいそうなので、裏面の配合成分をみて「二酸化チタン」や「酸化亜鉛」が書かれているものを選らびましょう。
もしも成分表が書かれていなかったり、わからなかったりした場合には、テクスチャーが白く濁っているものを選択すれば大丈夫ですね♪
因みに、私が使っている日焼け止めは、ポーラのホワイティシモシリーズ「UVブロック シールドホワイト」

P1010368

SPF50という紫外線ブロック効果は最高値ですが、肌への刺激も少なく、使い心地の良い日焼け止めです。
強力な日焼け止めがほしい方にはおすすめですよ♪

 

>>>UVブロック シールドホワイトはこちらから

 

 




ウェアルーUV

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ