【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

便秘の解消は美肌にイイ!

6割の女性が悩んでいるといわれる便秘。
出るべきものが出ない状況が続くと、おなかが張ってスッキリ感がないだけではなく、肌荒れがしたり、むくみが起こったりします(>_<)

もちろん、ポッコリお腹にもなるし、代謝が落ちるから太りやすくなってしまいますよね。。。

でも、便秘はダイエット上の問題だけでなく、美肌にもとっても悪影響を及ぼすものなのです(>_<)

 

便秘が肌にもたらす悪影響

実際に便秘が肌に対してどのような悪影響を及ぼすのか、具体的にみてみましょう。

 

腐敗ガスによるくすみ

便秘になるということは、体内に腐敗したものが滞るということであり、有毒なガスが発生してしまいます。
その有毒なガスは血液によって全身を駆け巡るため、肌はくすみがちになってしまうのです(゚д゚)!

 

腸管バリアの機能低下による炎症

また、便秘は腸管バリアの機能を低下させてしまうため、悪玉菌である大腸菌やブドウ球菌などが体内に侵入しやすくなります。
すると、体のさまざまな場所で炎症が起こり、その結果、肌荒れや肌乾燥、敏感肌などの肌トラブルが起こってしまいます。

nayamujosei2

だから、肌のことを思うなら極力便秘にはならないようにしなければいけませんね。。。

 

便秘解消のための対策

では、便秘にならないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?
それは、もちろん腸内環境を善玉菌優位の状態に保つことです( `ー´)ノ

 

とはいえ、私たちの腸内にいる善玉菌は年齢とともに減少する傾向にありますし、日々の生活の中で起こる食生活の乱れやストレスなどによって、どんどん減少していきます。
それは、悪玉菌が優位になる状態を意味するので、便秘になってしまうんですよね。。。

なので、善玉菌を補給してあげる必要があります。

 

善玉菌を補給するヨーグルト

善玉菌の代表選手はビフィズス菌です。
なので、善玉菌を補給する手段として、朝食にヨーグルトを食べる方が多いですよね♪
ヨーグルトにはなるほど、ビフィズス菌が豊富に含まれていますから(*^-^*)

 

しかし、本当はそれだけでは不十分なのです(゚д゚)!

善玉菌をもっともっと増やしたいならば、ビフィズス菌と同時に、ビフィズス菌をサポートする存在を補給しなければいけません。
それが食物繊維であり、オリゴ糖です(^^)v

オリゴ糖②

特にオリゴ糖は、砂糖ほどの甘さはありませんが、カロリー的には砂糖の半分以下!
普段使っている甘味料を砂糖から一部、オリゴ糖に変えるだけで、ビフィズス菌の作用はグッと高まり、善玉菌が増えることにつながります。
オリゴ糖

だから、ヨーグルトを食べる際に、スプーン1杯のオリゴ糖をプラスすれば、普段食べているいつものヨーグルトの効果が格段にアップ(゚д゚)!

ダイエットのために甘みなしのプレーンヨーグルトを食べている方は、オリゴ糖を入れることによって味もグッとよくなるので、ヨーグルトを食べることが義務ではなくなりますよ♪
美味しく楽しんで食べることができるようになります\(^o^)/

SW060_L

毎日の習慣に1日5g程度のオリゴ糖をプラスするだけで、腸内フローラにおける善玉菌の割合がかなり上がるので、ぜひ便秘の方は試してみて下さい。

そして、美肌のためにも便秘は必ず解消しましょう( `ー´)ノ

 

 おすすめのオリゴ糖はこちら→日本一のオリゴ糖

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ