【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

大人ニキビはなぜできるの?

ニキビは青春のシンボル!
だから、若い時にできるもの・・・そう思っていたら、意外にも大人になってからだってできますよね( ゚Д゚)!
美容 イメージ

しかも、大人になってからのニキビのほうが治りが悪い気がするし、何度も同じところにできてしまいます。。。

これは一体どうして?

こうした大人になってからのニキビについて、原因と対処方法について案が得てみたいと思います( `ー´)ノ

 

大人ニキビができるしくみ

第二次成長期真っただ中の若い時にできるにきびを「思春期ニキビ」というのに対して、大人になってからできるにきびを「大人ニキビ」と呼んで区別しています。

この大人ニキビ、40歳を超えても時々できてしまうものなのですが、何がどのように違うのでしょうか?

 

<大人ニキビの特徴>

  • 頬や口周り、あごなどフェイスライン(=Uゾーン)にできることが多い
  • 赤く炎症を起こして悪化しやすく治りが悪い
  • 繰り返し同じ場所にできる
  • 生理前に悪化しやすい
  • ニキビ自体がカサついていることが多い

 

 

一般的に、大人ニキビと言われるものの特徴はこんな感じです。

私の場合は赤く炎症を起こしたものがかゆみを伴うことがほとんどなのですが、大人ニキビには膿んでしまうものも多く、個人差があるようですね。

Acne skin because the disorders of sebaceous glands productions

これらの大人ニキビができる仕組みとしては、毛穴に角栓や汚れが詰まってしまい、そこに皮脂がたまることでアクネ菌が繁殖してニキビが発生してしまいます。

これ自体は思春期ニキビと同じ仕組みであり、特に違いは見られません。

 

しかし、大人ニキビは毛穴に角栓が詰まってしまう理由、そして皮脂が過剰分泌される理由が思春期ニキビとは全く異なるのです( ゚Д゚)!
その点をまず確認しておきましょう!

 

大人ニキビの原因は?

大人ニキビの原因として、まず一番に考えられるのは、年齢からくる代謝の低下と肌の乾燥です。

 

まず肌の代謝が悪くなることで、ターンオーバーが遅くなる。

すると、それが原因で乾燥が起きますし、古い角質がオフされずに肌に蓄積してしまいます。

もともと水分保持力が低下し乾燥した大人の肌が、さらに乾燥することによって、毛穴は収縮しものが詰まりやすくなってしまいます。そこに蓄積された古い角質が固く厚くかぶさってしまうので、毛穴は詰まって塞がれてしまいますよね。

塞がれた毛穴の中で皮脂をエサにアクネ菌が繁殖しニキビが発生してしまいます。

 

この背景に、睡眠不足ストレス食生活の乱れホルモンバランスの乱れなどがかかわってくることで、大人ニキビは重症化しやすく治りにくい厄介なものとなってしまうのです(>_<)

つまり、大人ニキビは複雑な原因がいくつも絡み合ってできているものであり、根本的には生活習慣に多くの問題が潜んでいるということです。

 

まずは、こうした原因をしっかり理解した上で、スキンケアと生活習慣の見直しの両面から治療と肌の改善のアプローチを行なっていきたいですね( `ー´)ノ

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ