【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

美肌に良いとされるコラーゲンの効果的なとり方

ヒアルロン酸、セラミドと並んで三大保湿成分に数えられているコラーゲン
皮膚の真皮層で肌のハリと弾力を保ってくれていることもあり、これが減ってくると深いしわが刻まれることになってしまうため、年齢を重ねれば重ねるほど重要なものになってきますよね(^^;)

 

だから、35歳を過ぎたあたりから女性は積極的にコラーゲンを摂取した方がいい!

でも、その摂取の仕方は何から行なえばよいのでしょうか。
コラーゲンがたっぷりの食品から?ドリンクから?それともサプリから?
最も効果的な摂取の仕方を求めて、いろいろ調べてみました( `ー´)ノ

 

コラーゲンの働き

コラーゲンとは、タンパク質の一種で、からだを構成する全タンパク質の約30%を占めているそうです。
そして、体内コラーゲンのうち約40%は皮膚に、約20%は骨や軟骨に、その他は血管や内臓など全身に広く分布しているようです。

中でも美容に関しては、皮膚の真皮層でエラスチンとともに肌のハリと弾力を担当しており、若さをキープするためにもとても重要な働きをしていますね。

しかし、加齢によって体内で生産されるコラーゲン量が減少するので、年々減ってくることがわかっています。

stockfoto_43513763_S
また、紫外線ダメージを受け続けることによって、真皮層のコラーゲンが損傷し減少していくので、ハリを失うことにより肌に深いしわが刻まれてしまうこととなります(>_<)

だから、コラーゲンを維持するためには、保湿とUVケアが絶対に欠かせないのです。

 

コラーゲンを摂取する際のポイント

コラーゲンは、いくら肌や体の健康のために必要だからといって、食品からでもサプリからでも手当たり次第に摂ればいいというものではありません。

高分子なコラーゲンのままだと吸収されずに排出されるのだとか(゚д゚)!
コラーゲンを摂取したからといって、それがそのまま肌や骨に活かされるわけではないんですよね。

 

一旦分解されたのち再生産

コラーゲンは摂取すると、一旦はアミノ酸に分解され、そこから改めてコラーゲンが生成されます。
これは低分子コラーゲンでも同じこと。
ただ、高分子コラーゲンに比べると、ある程度分解が進んでいる状態と同じことなので、吸収が早いことは確かなようですね。

しかし、専門家の先生によると、摂取したコラーゲンが美肌のために活かされるかどうかは、食品からとかサプリからとかの摂取方法によってではなく、また高分子か低分子かという違いによるものでもないとのことです。

 

アミノ酸とビタミンCがポイント

体内でコラーゲンが消化吸収される際に、良質なアミノ酸がそろっていれば効率よくコラーゲンが作られるし、ビタミンCと一緒に摂取すれば、コラーゲンの産生が促進されるのだそうです。

なので、サプリメントでコラーゲンを摂取する際は、「コラーゲンが入っていればなんでもいい」ではなく、しっかり美肌に活かされるように良質で豊富なアミノ酸が含まれているかにもこだわった方がいいですね(*^-^*)

 

高脂肪食品や糖分はNG

その反面、せっかくコラーゲンを摂っても、揚げ物などの高脂肪食品や糖分を摂りすぎてしまうと、コラーゲンの産生が阻害され、効果を下げてしまうといわれています。

肌のためを思うならば、こういったものは我慢したいですね(>_<)

 

以上のような点を考慮すると、コラーゲンの摂取には「すっぽん小町」というサプリメントがおすすめです♪

すっぽん小町①

 

国産の最高品質のすっぽんから作られた良質なアミノ酸が豊富に含まれており、まさに効率よくコラーゲンが産生されることになります(^^)v
 

コスパも非常によく質の高い良心的なサプリメントですので、飲み続けるのにコストが負担になりませんよ\(^o^)/
↓     ↓     ↓
すっぽんコラーゲンですっぴん美人★1,000万袋突破の美容サプリ/3,024円(約1ヵ月分)


 

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ