【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

積極的に摂りたい美肌成分「ポリフェノール」

赤ワインやブルーベリー、チョコレートなどに含まれているポリフェノールは、女性にとってうれしい美肌効果があると広く知られていますよね(*^-^*)

SW193_L

でも、身体にも美容にも良いことはわかっていながら、ポリフェノールが具体的にどのような効果をもたらしてくれるのか、1日にどのくらい摂取すれば効果的なのかなど実はわからないことがいっぱいなんです(^^;)

そこで、ポリフェノールについていろいろ調べてみました♪

 

ポリフェノールの効果効能

ひと口に「ポリフェノール」といってもその種類は4,000種類以上もあり、効果効能はちょっとずつ種類によって違うのだそうです(゚д゚)!

主なものをあげてみると・・・

  • アントシアニン(赤ワイン、ブルーベリー)=肝機能、心臓病、認知症予防
  • カテキン(緑茶)=コレステロールの減少、血糖値の正常化
  • ルチン(そば)=血管強化、動脈硬化、高血圧予防
  • カカオマス(チョコレート、ココア)=疲労回復、ストレス、ピロリ菌除去
  • クロロゲン酸(コーヒー、ごぼう)=脂肪燃焼、代謝、抗ガン作用
  • イソフラボン(大豆)=女性ホルモンのバランスを調整、美白、骨粗しょう症予防
  • クルクミン(ウコン、生姜)=解毒作用、胆汁分泌促進、抗酸化作用効果
  • エラグ酸(苺、ラズベリー、ザクロ、ナッツ類)=美白
  • ウーロン茶重合ポリフェノール=脂肪の吸収を抑制、メタボ解消

主なものをあげただけでもこれだけの様々な効果があります(゚д゚)!
ポリフェノールは奥が深いんですねw

SN045_L

美容という観点からするならば、特に女性が摂取した方がいいポリフェノールは、イソフラボンやエラグ酸ということになるでしょうか(*^-^*)

 

でも、すべてのポリフェノールに共通している効果が2つあります♪
それが「抗酸化作用」と「抗菌作用」

 

抗酸化作用

毎日の生活の中でどうしても発生してしまう「活性酸素」は、全身のあらゆる細胞を酸化させることで、老化をもたらすだけでなく、成人病を引き起こしたり、遺伝子レベルでの損傷をもたらすことでがんを誘発したり、美容や健康にたくさんの悪影響をもたらしてしまうのですが、この活性酸素を排除してくれる効果が、ポリフェノールの持つ抗酸化作用なのです(^^)v

 

抗菌作用

また、ポリフェノールには睡眠不足やストレスからくるニキビ・肌荒れも抑える効果があります。
美肌効果といわれる所以がここにあるわけですね。

 

ポリフェノールの必要摂取量

では、このように美容と健康に良いぽ英フェノールは、1日あたりどのくらいの量を摂取すればいいのでしょうか?

一般的に摂取目安とされている量は、1日1,500㎎。
しかも、ポリフェノールは摂取してから体内で効果を発揮し存在できる時間は3~4時間ということなので、1日3食の中でバランスよく摂りたいですね。

 

毎日の生活で正しく摂取すれば、かなりの美肌効果や健康促進効果が得られるポリフェノール♪
日本人は説く日不足しているといわれているので、サプリで積極的に補いたいですね(*^-^*)
↓     ↓     ↓
ユンケルでおなじみの佐藤製薬社の健康食品通販会社B&Hサトウが
お届けする健康食品!更年期障害などで悩んでいる女性の方にお薦めの
商品です。今なら定期初月は特別価格2000円キャンペーン実施中!
美健知箋ポリフェノール



Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ