【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

小じわのうちにセラミドでケア!

年をとってくるとしわができるものではありますが・・・

しわには程度で分けると2種類に分かれるのをご存知でしょうか?

  • 表皮ジワ=小じわ=角質層の乾燥によってできてしまう小さくて浅いしわ
  • 真皮ジワ=真皮層のコラーゲンが減少することで刻まれる深めのしわ

 

しわをできる原因で分けると、表情筋の衰えが原因でできる「表情ジワ」と肌のたるみが原因でできる「たるみジワ」といった種類がありますが、肝心なことは、できてしまったそのしわが修復可能なものか、修復が難しいものであるか・・・ですよね(^^;

105773

上記の程度で分けたしわを考えると、角質層という浅いところでできた小じわは、十分に修復が可能。
ケアでそれほど難しくなく消すこともできる、まだ救いのあるしわです。

 

しかし一方、真皮ジワは、肌のクッションの役割をしているコラーゲンが減少してしまうことで刻まれるしわなので、そんなに簡単には回復しないし、消えないんです(>_<)
ま、そうはいっても、レチノールが配合された化粧品で気長にケアすれば、真皮層のコラーゲンも再生が促されて深いしわも改善してきますが(#^.^#)

まずは、表皮ジワの段階でしっかり治してしまうことをお勧めしたいと思います。

 

小じわの修復にはセラミドが有効

小じわは、角質層のバリア機能が乾燥によって低下し、外部の刺激を受けるようになったことと、肌細胞がますます乾燥することでできてしまいます。

つまり、小じわを治すためには、バリア機能を修復するセラミドが有効といえますね。
そして、そのセラミドの中でも人間のお肌の角質層にあるのと同じ「ヒト型セラミド」であるかどうかがポイント!

成分表示をしっかり見て、配合されているセラミドが肌になじみやすい種類のセラミドかどうかをチェックしてから購入するようにしましょう( `ー´)ノ




【小林製薬】ヒフミドトライアルセット

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ