【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

肌のキメって何?

よく美容の世界で使う「肌のキメ」ってそもそも何でしょう?
「肌のキメが整う」という状態も、ちょっとよくわからないので、この際全部調べちゃいましょう( `ー´)ノ

肌のキメとは

肌を拡大してみたとき、細かい網目がたくさん並んでいるのですが、お化粧品のCMなどで見たことがあるのではないでしょうか。
よく「肌の水分バランスをチェックしましょう」というときに、ペン型の拡大カメラを肌に近づけて映し出したりしますよねwww

 

あの時に、細かい線が溝になっているのと、溝で囲まれた平らな部分があるのと毛穴が見えると思うのですが、その溝の部分を「皮溝」、溝で囲まれた部分を「皮丘」、毛穴を「毛孔」というそうです。

 

なので、「肌のキメ」とはこれらが並んでいる様を指し、「肌理が整った肌」とは、この皮丘、皮溝が整然と並び、毛孔が目立たない状態の肌をいうわけです。
・・・なるほど・・・という感じです。

キメが整った肌とは

つまり、キメの整った透明な肌というのは、均一な皮丘がずらっと並び、水分が十分に満たされているので明るい色をしている肌ということになりますね♪
stockfoto_76879187_S22

キメが粗い・キメが細かい肌とは

では、「あの人の肌はキメが粗い」とか「キメが細かい」といった肌は?

皮溝が補足、皮溝で囲まれた皮丘部分が小さいほどキメが細かい肌ということになり、皮溝が目立つくらい太く皮丘部分が大きいとキメが粗い肌・・・ということになります。

 

一般的に、男性の肌は女性に比べてキメが粗い肌といわれていますが、要は皮溝が太く、皮丘が大きめだということなのです。

 

ここからもわかるように、肌のキメの粗さ・細かさについては、生まれながらにして持っているものなので変えることができません(>_<)いわゆる肌質・・・ということです。

でも、「キメが整った肌」というのは、もともとの皮溝や皮丘の大きさに関係ないので、スキンケアで十分に修正していくことができます♪

それにいは一に保湿、二に保湿・・・ととにかく肌を乾燥させないことが一番大事です!
乾燥の激しい今の季節は特に注意したいですね( `ー´)ノ

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ