【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

乾燥肌の定番「尿素配合クリーム」の正しい使い方

乾燥のこの季節になると、ドラッグストアのスキンコーナーには「尿素配合」の文字が目立つようになりますよね。

私もいつもお世話になっているのですが、最近分かっえて我ながら驚いたことに、実は私は「尿素」の効果についてちょっと勘違いしていました(^^;

尿素の効果効能は「保湿」メインじゃないんですね( ゚Д゚)!
保湿効果が全くないとは言いませんが、それは本当に小さい・・・

尿素の本当の効果は「角質溶解作用」にあったんです( ゚Д゚)!

角質溶解作用とは

乾燥によって肌に起こる悪影響といえば、水分保持がうまくいっていないことによる「カサカサ肌」と、新陳代謝が滞ることによっておこる古い角質の体積「ゴワゴワ肌」ですよね。

尿素は、後者の「ゴワゴワ肌」に対し有効に働きかけ、堆積して硬くなった角質を溶かして柔らかくします。
そして肌をもとの状態に戻してくれる。

ゆえに、尿素が適しているのは、かかとのような肌なんです!

もちろん、手にもそのような角質体積の状況は起こりますので、ハンドクリームとしても有効です(^^♪

手荒れにもいろいろタイプがあって、単なる水分不足からのあかぎれや角質体積によるひび割れ、主婦湿疹・・・と悩みは尽きないですよね(>_<)

その中の角質問題は「尿素」が解決してくれます。
P1010349

私が愛用しているこのハンドクリーム、尿素が配合されていますが、同時にシアバターも配合されているので、乾燥による手荒れにも対応してくれます♪

今年重宝しているハンドクリームなんです。

特に気にっているのは香!
「SAKURA桜」と「ROSE(バラ)」があって、私はバラのほうを愛用しています(#^.^#)

おすすめのハンドクリームですよ♪→手荒れ対策にコレールブルーのハンドクリーム

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ