【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

美肌に良くない「水毒」って知らなかった・・・

先日、美肌 水素水でご報告した通り、美肌にとって水は大事!という考え方から、いろいろ調べているのですが、ちょっと意外だった事実が発覚しました。

「水毒」っていうものなんです(゚д゚)!

 

東洋医学からきている言葉でしょうか?
私、この「水毒」って聞いたことなかったので知らなかったのですが、よく調べてみると「なるほど」と思うところが多いんです。

どういうものかというと・・・

水毒とは?

水を過剰に取りすぎることによって、細胞と細胞の間に水が溜まって冷えや肌荒れの原因となり、若さも阻害されてしまうという危険なものだそうです。

<症状>
胃痛、便秘、下痢、肌荒れ、ジクジクした湿疹、水疱など

よくモデルさんたちが水分をたくさん摂るのだということから、体の中の老廃物を流し出し、美肌と便秘解消に効果があるとして、「とにかくたくさん水を飲みましょう」という風潮がありましたよね。

私もてっきりそれがイイのだと思っていたのですが・・・

「保水」と「多水」は違うということです。
人間の身体は、体内の老廃物を水で洗い流せるという単純な構造ではないらしく、飲んだ水は大腸から吸収されて、腎臓から尿となって排出されます。

で、処理しきれなかった水は体内で過剰状態となって水分代謝を悪くする「水毒」を起こすというんですね。

難しいですね・・・

水分保持は若さのバロメーターの一つですし、便秘解消にも適度な水分は必要なのですが、取り方にも気をつけなければいけないとは(゚д゚)!
SW069_L

水毒を起こさないためには

必要以上に水分をとらないことが大切なのだそうです。

のどが渇いた時には、温かいものをゆっくり飲むのがいいようです。
温かいものをゆっくり飲めば、身体が欲している適量だけで満足感を得られ、身体を冷やすことがありません。

冷たいものを一気に・・・というのは避けた方がいいですね。

こういう考え方もあるということなんです。
「水分」「水分」と躍起になって飲むのではなく、質の良いものを適量飲みたいもの。
ちょっと心がけてみましょうかw

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ