【@コスメロゴ入り×保湿LP】メディプラスゲル

美白になるには・・・

美肌のテーマの一つが美白だと思いますが・・
この「美白」ほど曖昧に使われている言葉ってないんじゃないでしょうか( 一一)

だって私、これまでこの「美白」という表現に惑わされて(というか、知らなかった自分が悪いのですがw)たくさんの化粧品を無駄に買っていたかも!?なんです(>_<)

それもこれも、私が「美白」の意味を本当に理解していなかったから(>_<)

美白になるためには、美白のことをまず正確に知らなければいけなかったんですね。

・・・ということで、今日はちょっと「美白」についてのお勉強です( `ー´)ノ

 

美白とは

一般的に使われている「美白」という表現には、厳密には次の2つの意味が込められているんですね。

1.今あるシミやくすみ、黒ずみを薄くしていく(白くしていく)

2.これからシミやくすみ、黒ずみを作らないよう予防する(白いまま保つ)

 

このように2つの異なる働きがあるということは、それぞれに効果を発揮する成分が違うわけで。つまりは、美白成分と呼ばれるものにも2種類あるということなのです!

だから、「シミを消したい」と思って美白化粧品を買ったところで、その化粧品に含まれている美白成分が上記1.のシミを薄くしてくれる成分出なかった場合は、ほとんど効果を表さないということなんです(>_<)

 

私が陥ってしまった間違いはココ!予防用の美白成分が配合されている「美白化粧品」をせっせと買っては使っていたので「なかなか薄くならないな~」と、いろいろな美白化粧品を渡り歩いていたわけです。。。

もったいないでしょ~

 

シミの正体は肌にできたメラニン色素。だから美白化粧品とは、

1.できてしまったメラニンを漂白還元して色を薄くするもの

2.これからメラニンを作らないよう生成を抑えるもの

という2種類の化粧品が存在すると言い換えることができるのです。

 

こういうことって、化粧品には書いていないですよね。裏面を見ても成分表が書いてあるだけ。

しかも、素人の私たちには専門的な成分を書かれてもわからないんだもん( 一一)

ま、全ては言い訳で私が無知だっただけ・・・

 

なので、これから少しづつ調べたことなどをここにのせていこうと思います( `ー´)ノ

 

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お買い得情報

このページの先頭へ